公式サイトもチェック

宿泊施設の比較予約サイトや、横断検索サイトを利用して札幌のホテルを探す方法以外に、ホテルの公式サイトをチェックしておくこともおすすめします。時間と手間はかかりますが、調べてみる価値は十分にあります。

比較予約サイトや横断検索サイトは簡単に安く宿泊することが可能な宿泊施設を探すことが可能ですが、実は最安値であるとは限りません。宿泊施設の公式サイト経由での予約のほうが割安になるケースも決して珍しい話ではなくなっています。

お札と小銭のイラスト(宿泊料金イメージ画像)宿泊施設は比較予約サイトを経由して顧客を獲得すると、宿泊料金の一定割合を成約手数料として比較予約サイトに支払います。
宿泊料金の1割の場合、5,000円の宿泊料金が顧客によって支払われると、500円が比較予約サイトに渡る形になります。
宿泊施設が公式サイトで4,500円で予約可能としている場合、比較予約サイトに支払う成約手数料は不要となり、予約した顧客は比較予約サイトより500円お得に宿泊することが可能です。

これはあくまで一例ですが、公式サイトのほうが割安になることはあります。
宿泊施設によっては一定の宿泊回数で1泊ぶんの料金がタダになったり、金券がもらえたり、公式サイト経由での予約でチェックアウト時間が通常より遅くなったり、割引が適用されたりといった具合に、顧客を優遇しているところが増加してきています。


関連HP-札幌すすきのエリアのホテル「東急REIホテル」
公式サイトと横断検索サイトすべての料金プランを比較できるオールレーツを採用しています。

横断検索サイトを使う

ホテル比較予約サイトは多数あります。この比較予約サイトを一度にまとめて横断検索することが可能なウェブサイトのことを、ホテルの横断検索サイトといいます。使い方は比較予約サイトとは変わりません。サイト上で条件を指定して検索するだけです。

比較予約サイトと横断検索サイトの最大の違いは、前述したとおり横断検索サイトの場合、複数の比較予約サイトに登録されている、検索条件に一致したホテルをまとめて探せるという点です。
キーボードの写真(横断検索サイトの利用イメージ画像)AとBの比較予約サイトと横断検索サイトがあるとして、札幌(北海道)を条件指定して検索した場合、AはAに登録されている宿泊施設、BはBに登録されている札幌(北海道)の宿泊施設のなかで条件に一致しているところが検索結果として表示されます。
これに対し、横断比較サイトはAとBの両方に登録されている、検索条件に一致した宿泊施設がまとめて検索結果に表示されます。

横断検索サイトを利用することにより、複数の比較予約サイトで別々にホテルを検索する必要がなく、宿泊施設を探す手間を大幅に省くことが可能です。
横断検索可能な比較予約サイトのなかで、どこが最安値なのかなど、より希望が叶う宿泊施設が見つけやすくもなります。